薬剤師が6年制へ変更した理由

薬剤師が6年制へ変更した理由をご紹介!


薬剤師が6年制へ変更した理由

薬剤師資格を取得するにあたり、必ず通らなければいけない大学において、その教育期間が変更し、なぜ?4年制から6年制へ移行したのか。 この点に関する、回答として、専門家は、薬剤師という資格を取得するにあたり、4年間の教育期間では、学びきれない教育内容であるからこそ、という意見でしたが、中には、その変更は、意味がないと感じる方もいる事は、確かです。

大体、6年制にする事により、医師と同様な地位を確立という思惑もあるとか、ないとかいう意見も聞かれましたが、実際、薬剤師の教育を医師と同じく6年制にした事により、薬剤師が医師と同じような医療人としてみられるか?といえば、今現在では、ありえない話だと思いますが、このような思惑により、尚且つ教育期間が足りないという事で、ある意見としては、6年制に変更した、という声も出ています。

この事の結論からいえば、とにかく、薬学におけるレベルが高まったという事は確かで、医学、薬学の最低必要な知識レベル自体が向上し、そのため、最低限勉強が必要と言える知識の量が以前より、増えたという事が原因である事は、間違えないようです。 一昔前とは異なり、病院では、病棟に薬剤師も出向いて患者さんの色々な情報を集め、投薬を決めるというような仕事も行われているわけですから、当然、そうした医療チームの一員として、それなりの知識を持つ事が必要になりますから、仕方がないとは考えます。

しかしながら、そのために学校へ通うとなると、当然費用が4年制の時よりかかる事を意味しますから、学費が増えるという事は、軽率な考え方で、薬剤師を志す方というのも、今までとは異なり、減少する事にはなると思います。 こうした現状は、良いか、悪いかで考えた場合、増設を行った大学側としては、減少することにより困惑する事もありえますが、こうした事により、薬剤師を目指すものが、資格や、就職率だけで、その資格を目指すものが減る、という事も考えられ、そうなれば、薬剤師の能力の向上が考えられるという事は、当然言えるのです。

最近は、薬剤師が急増し、その分地位が下がるという懸念の声も多いですが、こうして薬剤師の教育機関における教育の期間が、4年から6年に変更したことにより、薬剤師の地位が低下することなく、むしろ上がるのでは?という期待もあるのです。 様々な、憶測を生んでいる、薬剤師業界ですが、薬剤師の教育期間を6年制にした事は、ある意味、やはり薬剤師のレベル向上を物語る事になるのではないかと感じます。

病院薬剤師の求人 兵庫県病院薬剤師会/薬剤師求人情報