薬剤師による1日とは

薬剤師による1日をご紹介!


薬剤師による1日とは

仕事というものは、どんな仕事でも、やはりその仕事を体験しない事には、どのような仕事かがわかりません。 また、変わった仕事なたら、益々想像する事もできづらく、どんな仕事であるか等知りえないこととなります。 そんな、仕事というものなのですが、職業の中には、色々な職業が存在しており、その中では、医療に携わる一員である薬剤師も存在し、そんな薬剤師は、どのような1日を送っているのか、紹介していきたいと持います。

薬剤師といえども、色々な就業先が考えられますが、薬剤師として仮に、薬局へ勤めたとすると、薬剤師は、薬局開店のおよそ30分前には、薬局へ出勤する事となります。 出勤後は、開店に向けての準備をしたり、朝に行う店内の掃除をする等、色々な事をおよそ30分程度の間に行う事となります。

中には、掃除、開店準備の他にも、朝礼をする薬局も存在し、多くの薬局が行うかもしれませんが、このような時間を設けるために、出勤は、薬局開店前、30分前後には行くということになるようです。 ですが、これが、病院と共存している調剤薬局ならば、またその1日の始まりはことなり、おおよそ、9時に開店となるため、それに合わせて出勤というパターンや、病院と共存し、入院患者さんの点滴薬における準備等がある場合は、それ以前に出勤する事となりますから、病院と共存する薬局における薬剤師の1日は、その場所にもよりますが、あわただしく1日が始まり、その後、外来患者さんの調剤業務が始まるという事になるでしょう。

薬局は、通常開店直後から込み合う事は、なく、実際込み合ってくるといえば、開店してから30分ぐらいたってから徐々に忙しい1日が動き出すというケースが多いようです。 中には、開店後およそ30分後から、お昼の休憩までびっしり仕事で、休む暇が無いという事も少なくないので、薬剤師さんの1日は、非常にハードな1日とも考えられます。

薬剤師が、数人存在する薬局は、こうした忙しい時間帯を終えると同時に、薬剤のチェックを行い、薬剤師同士が、順番を決めて、お昼の休憩をとり休息タイムとなるわけです。 平均に、午後に込み合うという事は、ほとんどなく、午後になると薬局も落ち着いた業務が行われ、薬局の終了と共に、中には、そのまま帰宅せず、病院の医者との連絡をとり、意見の交換、情報の交換をする薬剤師さんもおられるそうです。

薬剤師の1日は、こうした流れで始まり、終わるという事になりますが、勤務先により、その内容は当然異なります。

「イオン」の薬剤師の転職・求人